「水光注射」 » 年齢を感じる部位に打てる「水光注射」の魅力

年齢を感じる部位に打てる「水光注射」の魅力

年齢は顔や首元、手の甲などに現れやすい為、しわやたるみに悩まされている人は多いのではないでしょうか。人から見られているのは「顔」だけだろうと思い込みがちですが、実は「首」や「手」もしっかり見られているのです。 そういった年齢の出やすい部位を整形する美容治療はたくさんありますが、ここでは水光注射を取り上げて紹介します。

水光注射でできること

水光注射は、年齢がでやすい部分に美容成分を注入することで、潤いのあるふっくら肌に近づくことができる治療。皮膚の薄い目の周りや、ほうれい線、しわができやすいおでこにも注入することが可能です。

顔に次いで年齢によるしわがでやすい首にも最適。化粧でかくしきれない首の横じわや縦じわも改善に導きます。また、乾燥対策ではケアしきれない手の甲の乾燥にも対応しています。

水光注射はヒアルロン酸以外に、他の美容成分と混ぜ合わせることが可能です。例えば、トラネキサム酸やプラセンタなど美容治療で有名な成分が注入できます。悩みに応じて成分が選択できるのも水光注射の魅力です。

顔全体にアプローチ

「顔」とひとくちにいっても、しわができる箇所は額・目元・頬・口元などさまざまです。額のしわは疲れた印象を、頬にできるほうれい線は老けた印象を与えてしまいます。

顔全体に対する美容治療は、 水光注射 、ヒアルロン酸注入 、イオン導入 、レーザー治療 、フェイスリフト 、PRP(多血小板血漿)療法 などがあげられます。

中でも、小じわ改善や肌のハリを求めているのなら、針の長さを調節して肌の浅い層から真皮層までヒアルロン酸を注入する水光注射が最適。ヒアルロン酸で内側からお肌をふっくらと盛り上げることができるので、見た目の印象もだいぶ変わります。

また、基礎化粧品だけではキレイに治せないニキビ跡やクレーターも、水光注射を使い、美容成分をお肌の内部へ注入することでケアができます。表面的なアプローチではなく、内側から確実にアプローチすることで、お肌の細胞を活性化させみずみずしいキレイな肌へと導いてくれます。

クレーターにも有効!「肌トラブル×水光注射」について詳しく

首のしわにアプローチ

首のしわを確実に解消しようと考えた時、ネックリフトといった整形が中心になりますが、メスを入れることに抵抗感がある人もいるのではないでしょうか。

そもそも、しわができてしまうのは年齢を重ねるごとにコラーゲンが減少してしまうからです。肌にハリがなくなると、細かなしわが目立ちますが、そういった首のしわにも効果的にアプローチできるのが、水光注射の魅力。

注入するヒアルロン酸には、体内での分解・吸収が速い液状の非架橋型という構造のものを使用します。ヒアルロン酸以外にも、ビタミンなどの美容成分を配合することもでき、吸収が速いため即効性があります。このように、即効性や効果という点で見ると、ネックリフトにも引けを取りません。

首のしわ整形よりも手軽な水光注射について詳しく

手の甲にアプローチ

手の甲は年齢とともにハリがなくなってしまい、しわが目立つようになりますが、 首や顔よりも動きの多い「手」は、自分が思っている以上に人から見られている部位でもあります。

手の甲のしわを解消するには、 水光注射 、ヒアルロン酸注入 、脂肪注入 、レディエッセ注入 、グロースファクター(成長因子)注入 などの美容治療があります。

水光注射で使用している多くのヒアルロン酸は、時間と共に体内で分解・吸収されることもあり、深刻なトラブル報告はありません。水光注射を打つ際は、手の甲の皮膚に合わせて針の長さを調整し、均等かつ広範囲に注入できるため、皮膚がデコボコになる心配もないので、リスクの低い治療と言えます。

手の甲しわを解消する水光注射について詳しく

水光注射以外の治療

注入系の治療

ヒアルロン酸注射やプラセンタ注射などの注入治療は手軽な若見え治療として人気の施術。メスは使わないので、治療に対するハードルを下げることができます。施術時間が短く、その日のうちで帰宅することが可能。注入のあともほとんど目立つことがなく、メイクである程度隠せます。

ヒアルロン酸注入は、気になる皮膚の直下に注入することで、肌を持ち上げほうれい線やしわを目立ちにくくします。ヒアルロン酸は、ゆっくり体内に吸収されるので、持続性の高い美容成分といえます。

注入系治療は短い時間で済み、料金も比較的安いというメリットもあります。

リフトアップ

リフトアップは、肌のたるみを改善する施術です。リフトアップにはメスを使うフェイスリフトと、糸で皮膚を引き上げる糸リフト、レーザー、高周波、超音波などさまざまな施術方法があります。近年は、メスを使わない施術に人気が集まっています。

糸リフトはたるんだ皮膚の皮下層にかえしのついた糸を挿入し、皮膚を引き上げることでリフトアップ。さらに皮下組織に刺激を与えることで、コラーゲンを生成。肌質の向上やハリが生まれるといいます。

超音波を使用するリフトアップ施術は、皮膚の奥深くまで熱ダメージを与えて、コラーゲンの生成を促進し内側からハリのある肌を目指すことができます。

これらの施術はリスクが少なく、ダウンタイムも短いので、気軽に受けられる施術として注目を集めています。