「水光注射」 » 年齢を感じる部位に打てる「水光注射」の魅力 » 水光注射で顔全体にアプローチ

水光注射で顔全体にアプローチ

お肌のトラブルの原因はそれぞれの部位で異なりますが、顔全体のしわ・たるみに効果的にアプローチできる水光注射は、ニキビ跡・クレーターの治療にも有効です。

ここでは、肌トラブルの原因と水光注射がそのトラブルにどのように作用するのか?他の治療法との具体的な違いについて詳しく紹介します。

肌トラブル別!水光注射の働き

頬に残るニキビ跡やクレーター

水光注射の働き

ニキビ跡・クレーターにはピーリングやレーザー治療が一般的ですが、水光注射なら真皮層へ有効成分を注入、お肌の内側からアプローチができます。

ヒアルロン酸を注入することで、保湿力を補います。また、ヒアルロン酸によって肌細胞が刺激され活性化し、コラーゲンの生成が促進されるため、ニキビ跡改善も期待できます。

注入する美容成分を組み合わせることができるため、ニキビ・ニキビ跡・クレーター等トラブルに応じてアプローチが可能になります。

そもそもの原因は?

ニキビ跡の原因はもちろんニキビ。白ニキビや黒ニキビと言われるできたばかりのニキビなら、跡が残ることはほとんどありません。ただ、肌の少し深いところ・真皮層まで炎症が進むと、肌の再生能力が追い付かなくなり、クレーター状の跡になってしまうのです。

ニキビの炎症が進んでしまう原因は、寝不足や栄養不足といった不規則な生活、炎症部位の触り過ぎ、間違ったニキビケアなどが考えられます。

できてしまったクレーター状のニキビ跡は、セルフケアだけではなかなか改善が難しいもの。それは洗顔やスキンケアでは、傷ついた真皮層まで届かず、修復されないためです。クレーター状のニキビ跡をケアしたい場合は、真皮層へアプローチできる治療も検討してみてはいかがでしょうか?

毛穴の開き

水光注射の働き

肌の真皮層に直接ヒアルロン酸を注入して不足分を補い、瑞々しい肌への手助けを行う水光注射。ヒアルロン酸のはたらきによって肌の水分量がUPし、乾燥が改善されるため、乾燥による毛穴の開きをケアできます。

セルフケアでは改善しにくい、加齢によるたるみ毛穴にも◎。

毛穴にアプローチできる美容成分と組み合わせれば、より最適な治療が可能です!

そもそもの原因は?

毛穴が開いてしまう原因は、大きく分けて3つ考えられます。

  1. 皮脂の過剰分泌
  2. 加齢によるたるみ
  3. ニキビやニキビ跡

皮脂の過剰分泌の原因は、肌ダメージや乾燥など。皮脂には肌をバリアする働きがあるため、肌が外的刺激にさらされたり、乾燥によって水分が失われたりすると、私たちの肌は皮脂を分泌して肌を守ろうとします。たくさんの皮脂を分泌しようとした結果、皮脂の出口となる毛穴が広がってしまうことに…。

縦に伸びた毛穴は、加齢によるたるみの影響。ハリがなくなって肌にたるみが生じると、重力によって毛穴が下に引き伸ばされ目立ちやすくなります。

また、ニキビの炎症やクレーター状のニキビ跡も、毛穴が開いてしまう原因の1つ。炎症の肌ダメージはもちろん、ニキビ跡部分に毛穴や汚れが詰まってしまって、毛穴の開きを招いてしまうのです。

額・おでこのしわ

水光注射の働き

しわ部分にヒアルロン酸を注入することで肌の保水力がUP。水分量が増えて、皮膚が盛り上げられます。そのため、線状に凹んでしまった部分も盛り上がり、しわが薄く、目立たないように!

額・おでこのしわは、1本あるだけで年齢を感じさせてしまいます。スキンケアでコツコツと改善を目指すより、水光注射でいち早くケアするのがおすすめです。

そもそもの原因は?

額・おでこのしわの原因としてまず考えられるのは、加齢による表情筋の衰え。

コラーゲンがたっぷりある肌は弾力性が高く、表情を変えてもシワが残ることはありません。でも、加齢によってコラーゲンが減少すると、表情筋が衰え、肌が元に戻ろうとする力が弱まってしまいます。

たとえば、眉を寄せたり上げたりしたときにできる額のしわ。こういった表情癖がそのまま残ってしまい、少しずつしわとして刻み込まれてしまうのです。

紫外線や乾燥によるダメージも、しわをつくってしまう原因。洗顔や保湿などのスキンケアはもちろん、日頃の紫外線対策もしっかり行いましょう。

ほうれい線

水光注射の働き

気になる部分に保水力に優れたヒアルロン酸を注入することで、肌の水分量が増やし、肌を盛り上げる効果がある水光注射。浅いほうれい線であれば、グッと溝が目立ちにくくなります。

ちょっと深めのほうれい線には、ボツリヌス・トキシン注射の成分を組み合わせるのがおすすめ。しわをつくる筋肉の働きをわざと衰えさせることで、ほうれい線を目立たなくさせることが期待できます。

そもそもの原因は?

ほうれい線の最も多い原因は、加齢による影響。肌のなかにあるコラーゲンが減少し、頬にたるみが出ることで、ほうれい線が生じてしまいます。

若い方でも乾燥・紫外線といった肌ダメージや、寝不足・栄養不足などの影響でターンオーバーが乱れてしまうと、ハリや弾力がなくなって、ほうれい線が悩まされることに…。

そのほか、痩せたり太ったりを繰り返している人も要注意。急激な体重変化を繰り返す人ほど、しわやたるみが生じやすいと言われています。無理なダイエットはやめること、また、その後のリバウンドにも気を付けましょう。

目元・目の下のしわ

水光注射の働き

肌の深部・真皮層にヒアルロン酸を届けることで、肌が内側から潤って、目元や目の下の細かなしわを改善へと導きます。

水光注射は針の長さを調節できるので、皮膚が薄い目の周りにもOK。ちょっと怖い…と感じる方もいるかもしれませんが、施術前に表面麻酔をしてもらうことで痛みは軽減できます。施術時間も短く、慣れれば恐怖感もなくなるでしょう。

また、水光注射は注入する量と深さを均等にすることができるので、目の周りのような皮膚の薄い部分でも不自然な凹凸ができません。ナチュラルな仕上がりが期待できます。

そもそもの原因は?

目元は皮膚が薄く、皮脂の分泌も少ない部分。そのため、肌水分を守る力がほかの場所より弱く、乾燥しやすいという特徴があります。

肌が乾燥するとハリや潤いが失われてしまい、細かなちりめんじわができてしまうのです。放置するとしわが深くなるので、早めの保湿対策を行いましょう。

目の下のしわは、肌のたるみが原因。皮膚が薄いため、少しのたるみでもしわが目立ってしまいます。

できやすい目の周りのしわを予防するには、乾燥予防のための保湿ケアと紫外線ケア、そしてたるみを防ぐためのエイジングケアが必要不可欠です。

また、目の周りを強く擦ってしまうのもNG。肌の角質層を傷つけて乾燥を引き起こしてしまい、シワができやすくなります。肌、とくに目の周りのケアは優しく行ってくださいね。

クマ

水光注射の働き

ヒアルロン酸を注入することで目の下の皮膚がふっくらと盛り上がり、クマを薄く見せます。

生活習慣やスキンケアより、簡単にクマを目立たせなくするのが水光注射の魅力。セルフケアではなかなか改善できないたるみによるクマも、水光注射で肌のハリを補えば目立ちにくくなります。

栄養不足や睡眠不足が原因であれば、水光注射によってクマが目立たなくなっているうちに生活習慣を見直して、根本から解決しましょう。

そもそもの原因は?

クマは皮膚の下の血流が滞ったり、メラニンが蓄積されたりすることで生じます。目の下の皮膚は厚さ約6mmと非常に薄いため、これらのような症状が透けて見えてしまうのです。

クマは「青クマ」「茶クマ」「たるみによるクマ」の3種類に分けられ、原因もそれぞれ異なります。

青クマは、疲労や寝不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れが続き、静脈の血流が滞ってしまうことで起こります。いわゆるうっ血状態で、青く見えるのが特徴です。

茶クマは紫外線ダメージによるメラニン蓄積、乾燥による色素沈着、ターンオーバーの乱れなどが主な原因。茶色くくすんで見えるのが特徴です。

たるみによるクマの原因は、主に加齢による影響。目の下の皮膚や筋肉が衰え、目元がゆるむことで生じます。

唇の縦じわ

水光注射の働き

ヒアルロン酸を直接注入することで不足分の唇の水分量を補います。そうすることで、気になる縦じわも目立ちにくくなります。さらに、水分量が増えるので、内側からうるうるな唇に!

ヒアルロン酸は、数ヶ月かけて分解・吸収されるため、異物として残ることもありません。

そもそもの原因は?

唇に縦じわができる原因は、乾燥、加齢の影響、紫外線によるダメージなどが考えられます。

肌は毛穴から皮脂を分泌することで肌水分を保つことができますが、唇には皮脂腺がありません。また、水分を守る角質層も薄く、乾燥しやすいパーツなのです。

唇をなめる癖がある方も要注意。表面に水分をつけただけでは内側には吸収されませんし、むしろ水分が蒸発するときに唇内部のうるおいも一緒に失われてしまいます。

加齢や紫外線ダメージで唇に縦じわができるのは、コラーゲンの減少による影響。唇にハリがなくなって、膨らみがなくなり、しわが目立つようになるのです。

水光注射×美容成分の効果について詳しく

顔に水光注射を打つ場合の治療相場

  • 20,000円~80,000円程度

ショット数は部位によって異なりますが、1回あたり、100~200ショットがほとんどですが、値段に開きがあるのは、注入する成分によって値段が異なる為です。

また、初回のみ特別価格でショット数を50ショットなどにして安くキャンペーンをしているクリニックもありますが、できれば継続的に続けた方が効果を実感、持続できるので3セットや5回セットなどを設定しているクリニックを選ぶことをおすすめします。

顔へ水光注射を打った場合の副作用は?

リスク 重大な副作用が起こったというトラブルの報告はまだありません。 ただ、施術を受けたことによって、赤みが出たり腫れたりすることはあります。注射時に雑菌が入ってしまい、化膿することも。数日で良くならない場合は、施術したクリニックが適切な対応をとってくれます。

また、注入する成分によってアレルギーを起こしてしまう可能性はゼロではありません。肌に合わない食べ物や成分について、自分自身で把握していることは医師に伝えたうえで施術を受けましょう。

水光注射の副作用について詳しく

水光注射とその他の治療法を比較

水光注射は、5本もしくは9本の極細針がセットされた専用機器による施術で、ヒアルロン酸や美容成分を肌に直接注入します。顔全体の施術が可能なうえ、皮膚が薄い部分から真皮層まで、針の長さを調節できるのが魅力です。

皮膚を吸引しながら行うため、痛みはかなり軽減されています。 スタンプを打つように均一に注入できるため、偏りなく効果が得られるでしょう。 そんな水光注射と、しわ・たるみ治療に有効とされている他の治療法を比較してみました。

ボツリヌス・トキシン注射

たんぱく質の一種・ボツリヌス菌から作られた薬剤で、表情じわの解消や多汗症の治療のために使われている施術です。得意な範囲は、額・眉間・目尻のしわ。ボツリヌス・トキシン注射の効果には個人差があり、効きすぎると逆に表情がきつくなってしまうのが難点といえます。

ヒアルロン酸注入

水光注射の基本成分であるヒアルロン酸を手打ちする施術です。鼻・唇などの部分的なしわ解消におすすめ。 また、ヒアルロン酸注射では、手打ちされていることやゲル状の架橋型ヒアルロン酸が使われていることが、水光注射との大きな違いです。

架橋型ヒアルロン酸は、注入されてからの分解・吸収が緩やかに進みます。反対に、水光注射は液状の非架橋型のヒアルロン酸を使っているため、体内での分解・吸収が速く、即効性があるのです。

イオン導入

微弱な電流で肌の表皮にあるバリア機能を弱め、真皮層にビタミンC誘導体やトラネキサム酸などの有効成分を浸透させる施術です。細胞の構造や機能を傷つけることはありません。肝斑や毛穴、ちりめんじわ、シミ、ニキビ治療向きです。 針がない施術という点が水光注射との大きな違いになります。

レーザー治療

ダウンタイムを抑え、肌の浅い層にあるシミを改善できるのがレーザー治療です。真皮層近くまでレーザーを照射し、肌のハリのもととなるコラーゲンの生成を促します。

ニキビ跡・クレーターの改善、目元のしわやほうれい線の解消などに効果的。 米国FDA(アメリカ食品医薬品局)から認可された機器を取り入れているクリニックが多いため、安心して施術を受けられるでしょう。 1ヶ月おきに5~10回の施術が必要になるレーザーの種類もあり、水光注射と比べて施術頻度の多さがネックといえます。

フェイスリフト

頬や首などのしわ・たるみを一度で解消できる施術です。たるんでいる余分な皮膚を取り除き、皮膚や筋肉の層を上に引っ張り上げます。とくに、ほうれい線の解消に有効です。

メスを使って切開しますが、実績のある医師であれば極力目立たないよう工夫してくれます。 水光注射はメスを使って切開せずに治療できるのがメリットですが、フェイスリフトのように一度の施術で終えることはできません。

PRP(多血小板血漿)療法

自分の血液からPRP(多血小板血漿)を取り出し、必要な部分に注入する施術です。目元のしわの改善に効果があります。 もともと自分の体内にあった細胞を注入するため、アレルギーを引き起こす心配はありません。

ただし、クリニックによってはPRPに活性化因子を添加しているところもあり、料金や効果、持続期間には開きがあります。

水光注射との大きな違いは、注入する成分です。水光注射はヒアルロン酸をベースとした美容成分を注入しています。

水光注射とPRP療法の違いについて詳しく

顔の肌トラブルのセルフケア

肌は加齢とともに乾燥しやすくなるため、保湿が大切になります。 化粧品は保湿力が高いものを使う、化粧水を使ったあとは乳液やクリームを塗って水分が逃げないようにするといったように、 スキンケアに保湿のためのひと手間を加えるようにしましょう。

目元のしわやクマにはマッサージがおすすめです。 マッサージで血行を良くしてしわやクマにアプローチしていきます。 ただし、目元の皮膚は繊細なため、力の入れ過ぎは禁物です。 やり過ぎは逆効果になることもあるのでおすすめしません。 毎日、または数日おきにコツコツやるのがポイント。セルフケアで肌トラブルを解決するには、地道な努力が大切です。

まとめ

ニキビ跡やクレーターには、ピーリングやレーザー治療など肌の外側からアプローチする施術の他にも、 水光注射による体の内側からのアプローチも可能です。しわとたるみには、ヒアルロン酸注入やフェイスリフトなど、 改善効果が期待できる方法がたくさんあります。

セルフケアにもさまざまな改善方法がありますが、セルフケアだけで肌トラブルを改善するのは難しいのが現状です。 例えば、ニキビで皮膚の奥深くまで傷ついてクレーターのような跡になった場合、自分では簡単に改善できるものではありません。 セルフケアで現状維持はできますが、アプローチできない肌トラブルもたくさんあります。 セルフケアによる改善が難しいと感じたら、美容皮膚科で治療することも検討してみてはいかがでしょうか。

表参道スキンクリニック 兵籐先生の顔写真
表参道スキンクリニック
兵藤秀忠医師

医療情報監修:表参道スキンクリニック
兵藤秀忠医師

藤田保健衛生大学医学部医学科を卒業後、大学病院にて腕を磨いた兵藤秀忠先生。

2014年に表参道クリニックの医師となってからは「一人ひとりに合った治療の提案すること」をモットーに、一人ひとりの理想を叶え続けています。

「外見が変わることによって、内面も輝いて欲しい」という熱い思いを持って対応。モデルや芸能人をはじめ、世の中の女性が兵藤医師の腕を信頼し頼りつづけているようです。

公式サイトで表参道スキンクリニックの治療内容をチェックする

>>公式インスタグラムで
動画もご覧いただけます

表参道クリニックの各院へのお問合せ

本院:0120-334-270 名古屋院:052-962-5155 大阪院:06-6341-5037 福岡院:0120-931-911 沖縄院:098-860-9980

表参道スキンクリニックの水光注射

持ちが良くなるようにペースを調整

注射回数が増えるにつれてだんだん持ちが良くなるように、初回の注射ベースを作ります。初めは、2週間おきに注入。その後は3ヶ月または半年おきに注入します。期間を開けながら注入をし続けることで、自己のヒアルロン酸やコラーゲン繊維が作られるようになり、肌本来がふっくらとした仕上がりになるのです。

プライバシーを守る完全個室

水光注射をはじめとする注射等の治療では、すべて完全個室で対応。女性のプライバシーをしっかり配慮してくれるので、リラックスして施術を受けられるでしょう。

アフターケア

施術前のカウンセリングはもちろん、アフターケアも念入りに行います。人間の肌はちょっとした刺激や変化にも敏感に反応するからこそ、アフターケアを行ない事前にトラブルを防いでくれるのです。医師の診察もあるので、気になることも全て聞くことができますよ。

水光注射の施術について

治療時間

約60分(麻酔クリームを塗る時間30分、施術30分)

費用

顔に打つ場合は20,000円~80,000円、首は18,000円~60,000円、手の甲は20,000円~30,000円が、平均費用と言われています。注入する美容成分やショット数によって料金が異なるため、料金相場には幅があるので、詳細についてはクリニックにお問合せ下さい。

麻酔の形態

クリーム麻酔を使用。施術部位だけでなく、顔全体に塗布したのち、効果が出るまで約30分おきます。麻酔が効いてきたら、施術開始です。麻酔クリームは3,000円かかります。

痛み

麻酔が効いてから注射を行ないます。個人差はありますが、麻酔が効いている状態なのでほとんど痛みはありません。

ダウンタイム

水光注射の場合、ダウンタイムはほとんどありません。ただ、人によっては赤みや腫れが出る場合があるので、医師に相談しましょう。

メイク

肌に異常が無い限り、翌日以降からメイク可能です。

通院の頻度

2週間おきに2回または3回。その後、3ヶ月~半年おきに注射します。

副作用・リスク

個人差がありますが、注入する成分によってはアレルギーなどの恐れや、稀に顔が腫れたり、内出血をする場合がありますので、不安な点については医師と相談することが大切です。

公式サイトで表参道スキンクリニックの治療内容をチェックする