「水光注射」 » 水光注射Q&A » 水光注射機の種類と違い

水光注射機の種類と違い

水光注射の代表的な機器の特徴や仕様を紹介

注目されている最先端の美容治療法、水光注射に使われる機器にはいくつかの種類があり、それぞれに異なる特徴を持っています。ここでは、代表的な4つの機器をピックアップしてその違いを紹介します。

  • ダーマシャインバランス
  • ヴィタールインジェクター
  • ダーマシャイン
  • ベラヴィータインジェクター

ダーマシャインバランス

ダーマシャインバランスとは?

ダーマシャインより痛みの少なく効率的な水光注射

現在普及しているダーマシャインより、痛みが小さく効率よく施術できる水光注射です。最大の違いは針の細さと針の多さ。ダーマシャンは31Gの太さの針を1ショットで5針打っていたのに対し、ダーマシャインバランスは32Gの細い針を1ショット9針注入してくれます。ダーマシャンと比べて痛み・内出血を抑えられ、1ショットでの注入量も多いためスピーディーに施術できるのです。

施術では肌の内側に浸透しやすいヒアルロン酸などをたっぷり含んだ液を使用します。皮膚を吸収しながら注入するので、肌の表面近くから奥深くまで確実に注入できるのが嬉しいポイント。針が細いので液漏れがしにくく、今まで以上に効率的に薬剤を入れることができるようになりました。

ダーマシャインバランスのここがすごい!

従来の機器より肌への負担が小さい

従来の水光注射の針の太さは31Gですが、ダーマシャインバランスはそれよりも細い32Gとなっています。Gとは注射の針のことで、数字が大きいほど細くなるもの。一般的に新生児に使う針は27Gなので、ダーマシャインバランスは新生児よりも細い針を使用していることになります。針が細いと、「痛みが少ない」「内出血が起こりにくい」「薬剤が漏れにくい」というメリットができます。

ダーマシャン1ショットで打てるのは5針でしたが、ダーマシャインバランスは1ショット9針に。1度で打てる針が増えたことで、より効率がよくなり施術時間が短くなります。ショットを打つ回数も減るので、痛みも小さくなるのが嬉しいポイント。ダーマシャンより施術時の負担が小さい機器と言えるでしょう。

打ち漏れ・液漏れがほとんどゼロ

従来のダーマシャンは吸引部が丸型だったため、打ち漏れや重ねて注射するのがほとんどでした。新しいダーマシャインバランスは、打ち漏れ・二重打ちを考慮して吸引部の形を四角に改良。薬剤を広範囲かつ均等に注入できるようになりました。「肌の一部だけ効果がでない」「二度打たれた場所が痛い」というトラブルを防止してくれますよ。

またダーマシャインバランスでは、針の深さ・吸引する力・吸引するタイミングをプログラムできるため、ベストな施術が可能になり、液漏れを防いでくれます。さらに細い針を使用することで、針を抜く際の液漏れも防止。今まで以上に、無駄なく薬剤を注入できる機器です。

ダーマシャインバランスの特徴

  • 極細針で痛みが軽減、術後の負担も減少
    ダーマシャインよりさらに極細の針を使用するため、刺入時の痛みも少なく施術後の内出血のリスクも減少しました。
  • 針の本数が増えて効率アップ
    従来の5針から9針に増えたため、さらに効率アップしてスピーディに注入できるようになりました。
  • 吸引部が四角改善、打ちもれ、打ち残しがない
    従来の円形が四角に改善されたことで、針を均一に満遍なく注入でき、さらに細かな設定をコントロールして正確に注入できます。
  • 注入した成分がこぼれないように、液漏れを防止
    針を抜く際に注入したヒアルロン酸が、無駄なく確実に真皮まで行きわたるよう液漏れのない仕様に改善されました。

ダーマシャインバランスの施術の概要

施術時間 約1時間程度
ダウンタイム ほとんどなし
痛み ほとんどなし(少しチクチクする程度)
入浴 洗顔ともに翌日からOK
メイク 施術後2~3時間はオールミネラルメイクならOK(通常メイクは翌日から)
治療ペース 通常3~4週間ごとに3回程度、メンテナンスで2~3か月ごとに1回を推奨

※あくまでも目安になりますので、詳細は各クリニックでご確認下さい。

ヴィタールインジェクター

ヴィタールインジェクターとは?

1人ひとりの肌状態に合わせられる水光注射

皮膚を吸い上げて薬剤を注入するヴィタールインジェクター。ダーマシャインやダーマシャインバランスと違って皮膚に針を押し付けるのではなく、皮膚を吸引しながら針が前後に動くプルバックガンタイプなので、よりしっかり薬剤が注入されますよ。

最大の特徴は、注入量や針を刺す深さ・圧力などを細かく調節できるところ。1人ひとりの肌の状態、本人の希望に合わせたオーダーメイドの施術ができるのです。

ダウンタイムは30~40分ほど赤みが出る程度。傷痕が残りやすい人は点状の針痕が数日間残りますが、メイクで隠せる程度です。

ヴィタールインジェクターのここがすごい!

1人ひとりに合わせて注入してくれる

ヴィタールインジェクターは、針の長さ・薬剤の注入する量・刺す深さ・肌への圧力を1人ひとりに合わせてコントロールができます。そのため液漏れを起こすことなく、顔全体・部分へ無駄なく薬剤を注入できるのです。

また、注入する薬剤も1人ひとりに合わせたものを用意。肌の悩みに合わせた美容成分を注入してくれるので、より自分にベストな施術を受けられますよ。たとえば、小じわが気になる人ならボツリヌス・トキシン注射の成分を配合してくれます。施術を受けるクリニックによって薬剤が違うので、カウンセリングでチェックしておきましょう。

ムラなくスピーディーに注入

肌を吸引したうえで針を前後させて刺すヴィタールインジェクター。肌に刺さりきっていない状態で薬剤を漏らしてしまうアクシデントを防げます。均一に注入できるので凸凹が出にくいのも嬉しいポイント。1ショットで極細の5針を刺すため、スピーディーなのも魅力です。5つの針で打つと、肌にかかる圧力が分散されるので、痛みが軽減されます。

安心して打てる

針を使って薬剤を注入する際に血液が逆流しないように、逆流ブロック構造を導入。逆流ブロック構造は特許をとっているため、安全性が保障されています。

正確・確実に打てるので、レーザーでは難しい目元ギリギリの施術も可能。若々しい印象の目元を実現するチャンスが広がります。

ヴィタールインジェクターの特徴

  • 確実に薬剤を注入できるから効果が出る
    機器の設定で吸引と同時に針先を前後してしっかり薬剤を注入するので、確実に美容成分が肌の内部に注入されます。
  • スピーディな施術が可能で施術時間が短縮
    専用の機器により、スタンプを押すように素早くショットするので、施術は短時間で受けられます。
  • 施術による凹凸を解消
    手打ちに見られる均一でない仕上がりを大幅に改善して、凹凸のない美しい仕上がりが可能に。
  • 施術の負担を軽減
    ごく細い針を使ったスピーディな施術で、手打ちの施術より施術中の痛みや術後の内出血などの負担が大幅に減少。
  • 特許取得技術で安心
    極細針を使って浅い部分に針を指すことによる薬液や血液の逆流、漏れを防ぐための逆流ブロック構造は、特許を取得した真空技術。

ヴィタールインジェクターの施術の概要

施術時間 約10~20分程度
ダウンタイム ほとんどなし
痛み やや強め(希望があれば表面麻酔を使用可能)
入浴 当日からOK
メイク 当日からOK
治療ペース 2~3週間に1回を3~5回程度 その後はメンテナンスとして数ヶ月に1回を推奨

※あくまでも目安になりますので、詳細は各クリニックでご確認下さい。

ダーマシャイン

ダーマシャインとは?

ダーマシャイン

画像引用元:ダーマシャイン公式サイト(http://www.dermashine.jp/)

ダーマシャインは、マルチインジェクションというハンコ注射のような形状をしていて、31Gのごく細い針を使って1ショットあたり一度に5針注入できる機器です。皮膚を吸引しながらヒアルロン酸を注入するので、浅い部分から皮膚深くにある真皮まで浸透できるよう薬剤を注入することが可能です。

ダーマシャインによって表皮のすぐ下の層に注入すると、肌全体にヒアルロン酸が広がり、肌のハリやツヤが蘇り、くすみや小じわなどにも作用します。真皮層に届くことで肌そのものの活力がアップするので、老化予防や若返りに期待できます。

ダーマシャインの特徴

  • 一度に広い範囲が可能で施術時間が短縮
    極細針を一度に5針注入できるので、従来の方法に比べて、量・速度・範囲のすべてにおいて均一に注入できます。そのため、確実でスピーディな治療が可能です。
  • フルオートで失敗のリスクがほとんどない
    これまでのヒアルロン酸注射は、人の手で注入していたため仕上がりが安定せず、凹凸ができたり希望したような膨らみにならないこともありました。しかし、ダーマシャインは皮膚を吸引しながら極細の針で皮下の浅い層に注入できるため、均一な仕上がりが可能になりました。
  • 術中や術後の負担が少ない
    従来の注射は、針を注入する際に痛みや内出血が起こることも少なくありませんでした。しかしダーマシャインは、ごく細い針が垂直に皮膚の浅い層に刺入されるので、刺入後の針の跡や皮下出血がわずかですみます。また、肌を吸引しながら注入するので痛みも非常に少なくなりました。
  • 美容成分をミックスすることで、幅広い悩みに対応できる
    注入するヒアルロン酸は、流動性が高く真皮まで浸透しやすく改良されたものです。それに加えて、プラセンタやビタミン、グロースファクターなどの成分をプラスすることで、さらに幅広い悩みに対応することができるようになりました。

ダーマシャインの施術の概要

施術時間 約1時間程度
ダウンタイム ほとんどなし
痛み ほとんどなし
入浴 当日からOK(洗顔は術後6時間経てばOK)
メイク 施術後6時間経てばOK
治療ペース 3~6回程度を推奨

※あくまでも目安になりますので、詳細は各クリニックでご確認下さい。

ベラヴィータインジェクター

ベラヴィータインジェクターとは?

従来の機器の良い所取りをしたような水光注射

ヴィタールインジェクターと同じように皮膚を吸引したうえで、針を前後させて刺すタイプの水光注射です。針は32Gと細く、1ショット9本なので、スピーディーかつ小さな痛みで施術を受けられますよ。同じ32G1ショット9本のダーマシャインバランスと違って、ヘッドが小さめなので目元や小鼻の施術もOK。

針穴1つひとつの周りで皮膚を吸引しているので、薬剤の漏れや仕上がりの均一などが見込めます。また、皮膚全体を引っ張ってしまう従来の機器と比べて、引っ張る皮膚の面積が少ないため吸引痕が付きにくいのもメリット。肌が赤くなりやすい人でも、比較的早く赤みが引くと評判です。

今までの水光注射の不便な部分を取り払った、嬉しい水光注射と言えるでしょう。

ベラヴィータインジェクターの特徴

  • 針が細いから痛みが抑えられる
    ベラヴィータインジェクターの針は32G。Gとは針に使われる太さのことで数値が大きくなるほど細い単位です。ダーマシャインの31Gより細いため、痛みの小さな施術が受けられるでしょう。
  • 1ショット9針だからスピーディー
    従来のダーマシャインは1ショット5針でしたが、ベラヴィータインジェクターは1ショット9針。一度に注入できる量が増え、施術時間を大幅に短縮できます。
  • ヘッドが小さいから細かい部位にもOK
    1ショット9針のダーマシャインバランスは、ヘッドが大きく細かい部分をカバーできないというデメリットがありました。ベラヴィータインジェクターはヘッドを小さいため目元や小鼻といった細かい部分にも最適です。
  • 針の周りだけ吸引しているから肌の負担が小さい
    従来の水光注射はヘッドの全体で皮膚を吸引していましたが、ベラヴィータインジェクターは針の周りだけを吸引。皮膚を引っ張られる範囲が狭くなるので、肌への負担が小さくなります。

ベラヴィータインジェクターの施術の概要

施術時間 約1時間程度
ダウンタイム ほとんどなし
痛み ほとんどなし
入浴 翌日から
メイク 半日後
治療ペース 2週間~1ヶ月おきに3~6回

※あくまでも目安になりますので、詳細は各クリニックでご確認下さい。

水光注射を受けられない人とは?

  • 施術部位に感染や炎症がある人
  • 使用する成分にアレルギーがある人
  • 妊娠中や授乳中の人
  • 真性ケロイドの人
  • 施術部位に皮膚の炎症や感染が見られる人
  • 重い糖尿病や膠原病の人

※麻酔薬(キシロカインなど)にアレルギーのある人や、アスピリンなどの血栓予防薬を服用している人は注意が必要です。

水光注射について

潤いある美しい肌のことを韓国語で「水光皮膚」と言います。

そんな「水光皮膚」を目指すために開発された施術法が「水光注射」です。一人ひとりに合った美容成分を気になる部分へ注入できます。

利用する方によっては水光注射を受けられない場合も。水光注射機器は国内で未承認機器となっているので、利用を考えている方は担当の医師とよく相談してみてください。

水光注射の副作用・リスク

主な副作用として、注射部位に点状の内出血が起きる場合があります。しかし、内出血は起こる人の割合はわずか10人に1人です。

使う針は極細を使用しているので、注射を受けた部位に赤みや腫れが出る場合があります。数日後には目立たなくなるケースがほとんどです。

ダウンタイムを軽減するため施術を受けた日は血流を良くする運動や飲酒、入浴などは控えたほうがいいでしょう。また、内出血が出てしまっても数日から1~2週間ほどで消えると言われています。施術の経過で不安なことがあれば、医師に相談してください。

まとめ

水光注射の種類の中から、ダーマシャインバランス・ダーマシャイン・ヴィタールインジェクター・ベラヴィータインジェクターについて紹介しました。それぞれにメリットがあるため、自分にあった水光注射を受けると良いでしょう。

たとえば、目元や小鼻の細かい部分の改善をしたい場合はヴィタールインジェクターかベラヴィータインジェクターを、素早く終わらせたい場合はダーマシャインバランスがおすすめ。それぞれの魅力を知ったうえで水光注射を選ぶのが大切です。

水光注射は受けられない人もいるので、自分が当てはまっていないかチェックしておいてくださいね。

水光注射の基本をもっと知る!

表参道スキンクリニック 兵籐先生の顔写真
表参道スキンクリニック
兵藤秀忠医師

医療情報監修:表参道スキンクリニック
兵藤秀忠医師

藤田保健衛生大学医学部医学科を卒業後、大学病院にて腕を磨いた兵藤秀忠先生。

2014年に表参道クリニックの医師となってからは「一人ひとりに合った治療の提案すること」をモットーに、一人ひとりの理想を叶え続けています。

「外見が変わることによって、内面も輝いて欲しい」という熱い思いを持って対応。モデルや芸能人をはじめ、世の中の女性が兵藤医師の腕を信頼し頼りつづけているようです。

公式サイトで表参道スキンクリニックの治療内容をチェックする

>>公式インスタグラムで
動画もご覧いただけます

表参道クリニックの各院へのお問合せ

本院:0120-334-270 名古屋院:052-962-5155 大阪院:06-6341-5037 福岡院:0120-931-911 沖縄院:098-860-9980

表参道スキンクリニックの水光注射

持ちが良くなるようにペースを調整

注射回数が増えるにつれてだんだん持ちが良くなるように、初回の注射ベースを作ります。初めは、2週間おきに注入。その後は3ヶ月または半年おきに注入します。期間を開けながら注入をし続けることで、自己のヒアルロン酸やコラーゲン繊維が作られるようになり、肌本来がふっくらとした仕上がりになるのです。

プライバシーを守る完全個室

水光注射をはじめとする注射等の治療では、すべて完全個室で対応。女性のプライバシーをしっかり配慮してくれるので、リラックスして施術を受けられるでしょう。

アフターケア

施術前のカウンセリングはもちろん、アフターケアも念入りに行います。人間の肌はちょっとした刺激や変化にも敏感に反応するからこそ、アフターケアを行ない事前にトラブルを防いでくれるのです。医師の診察もあるので、気になることも全て聞くことができますよ。

水光注射の施術について

治療時間

約60分(麻酔クリームを塗る時間30分、施術30分)

費用

顔に打つ場合は20,000円~80,000円、首は18,000円~60,000円、手の甲は20,000円~30,000円が、平均費用と言われています。注入する美容成分やショット数によって料金が異なるため、料金相場には幅があるので、詳細についてはクリニックにお問合せ下さい。

麻酔の形態

クリーム麻酔を使用。施術部位だけでなく、顔全体に塗布したのち、効果が出るまで約30分おきます。麻酔が効いてきたら、施術開始です。麻酔クリームは3,000円かかります。

痛み

麻酔が効いてから注射を行ないます。個人差はありますが、麻酔が効いている状態なのでほとんど痛みはありません。

ダウンタイム

水光注射の場合、ダウンタイムはほとんどありません。ただ、人によっては赤みや腫れが出る場合があるので、医師に相談しましょう。

メイク

肌に異常が無い限り、翌日以降からメイク可能です。

通院の頻度

2週間おきに2回または3回。その後、3ヶ月~半年おきに注射します。

副作用・リスク

個人差がありますが、注入する成分によってはアレルギーなどの恐れや、稀に顔が腫れたり、内出血をする場合がありますので、不安な点については医師と相談することが大切です。

公式サイトで表参道スキンクリニックの治療内容をチェックする