「水光注射」 » 水光注射で受けられる美容成分の効果を徹底調査 » 肝斑・美白への有効性について ×トラネキサム酸

肝斑・美白への有効性について ×トラネキサム酸

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸を、水光注射によってヒアルロン酸と組み合わせて注入することで、肝斑や美白にどのような効果をもたらすのか、具体的に解説します。

ヒアルロン酸×トラネキサム酸に期待できる効果とは?

肝斑、美白、肌のかぶれやニキビ跡による色素沈着などの改善

トラネキサム酸は、メラニン生成の抑制に、ヒアルロン酸は保水力にそれぞれ優れています。

トラネキサム酸はトランサミンともよばれ、メラニンの生成を抑える働きや、炎症を抑えて肌荒れやニキビの予防と改善、 抗アレルギー作用などが期待されるアミノ酸です。そのため、肝斑やニキビ跡にみられる色素沈着をはじめ、湿疹や蕁麻疹などの治療薬としても使われています。 注射では薬と同じ効果が認可されているわけではありませんが、効果が期待できると考えられるため、施術を提供しているクリニックが多いようです。

ヒアルロン酸は肌の真皮層で水分を保持してくれる成分で、肌の潤いを守ってくれています。肌に対する働きを持つ2つの成分で、肌の悩みにアプローチできるでしょう。

「こんなお悩みがある方に
  • くすみのない、美白肌になりたい方
  • 肝斑を改善したい方

トラネキサム酸の働きとその効果

トラネキサム酸には、止血作用や抗炎症作用、抗アレルギー作用などがあることがわかっていますが、他にもシミやくすみで悩んでいる方に朗報な働きがあります。

メラニンの生成を促す「プラスミンの働き」を阻害、シミを予防する

シミの仕組み

メラニンは皮膚にある黒褐色、黒色の色素の総称でシミの原因です。メラニンはメラノサイトという細胞によって生成されます。 紫外線や女性ホルモンなどから刺激を受けると、メラノサイトの働きが活性化されてメラニンが生成。このとき、メラノサイトにメラニンを生成するよう指令を伝える伝達物質が「プラスミン」です。

メラニンがどんどん作られて過剰になると、ケチノサイトという皮膚の組織部分にたまっていき、シミになってしまいます。そこでアプローチしてくれるのがトラネキサム酸です。 トラネキサム酸はプラスミンの働きを阻害し、メラニンを作らないようブロック。このプラスミン阻害作用が、肝斑をはじめとしたシミ(老人性色素班・炎症後色素沈着)を抑える効果を発揮するのです。

つまり、トラネキサム酸には、メラニンを作る前の初期の段階で、シミを予防しシャットアウトしてくれる性質が期待できます。この性質は注射の効果としてはまだ認知されていませんが、効果が期待できるとしてクリニックで提供されています。

その他の効果・効能について

※下記は、全て美容医療以外の効能です。水光注射では以下の効能は期待できません。

  • 白血病や再生不良性貧血などの全身性出血傾向の改善
  • 肺出血や鼻出血、正規出血などの局所的な異常出血傾向の改善
  • 蕁麻疹や湿疹、薬疹・中毒心などの赤み、腫れ、かゆみなどの改善
  • 扁桃炎や咽喉頭炎などによるのどの痛みや赤み、腫れなどの改善
  • 口内炎による痛みや粘膜アフター

止血作用について

トラネキサム酸は止血作用が期待できます。プラスミンは血管内に作られた病的血栓を溶かすときに有利に働きますが、プラスミンが過剰になると止血のために必要な止血血栓まで溶かしてしまい、出血の原因を作ってしまうのです。 トラネキサム酸にはプラスミンの働きを抑制し、止血血栓を安定化させる働きがあります。

抗アレルギー・抗炎症作用について

トラネキサム酸には、抗アレルギー・抗炎症作用があります。アレルギーや炎症の原因になるキニンやペプタイドは、プラスミンから生成されます。 トラネキサム酸には、プラスミンによるキニンやペプタイドなどの生成を抑制。この効果は、のどの炎症を抑える薬や口内炎の治療薬、歯磨き粉などにも使用されています。

そもそも、トラネキサム酸とは?

※以下は水光注射におけるトラネキサム酸の注入以外の内容も含みます。施術を希望される方は、受ける際には医師に相談することをおすすめします。

トラネキサム酸は、抗炎症・抗アレルギー薬として人工的に作られたアミノ酸の一種。

医療用処方薬としては、トランサミンという名称で処方されます。一般的には、血液を溶かす作用のあるプラスミンという物質を抑制する「抗プラスミン薬」として使われ、出血を止める働き、抗炎症、抗アレルギー剤として使用されています。

また、抗アレルギー作用や抗炎症反応ももつことから湿疹や蕁麻疹をはじめ、さまざまな炎症や皮膚科の肝斑などのシミの治療にも用いられています。

トラネキサム酸のはじまり

トラネキサム酸は人工的に作られたアミノ酸です。1947年に抗プラスミン剤の研究がはじまった際、自然界に存在するアミノ酸の一種リジンに低濃度でもプラスミンを阻害する作用が発見されました。 このリジンに手を加えて、より効果が出るように開発されたのがε-アミノカプロン酸です。抗プラスミン作用がリジンよりおよそ10倍強く、安全性の高い物質という確認がされたので、抗プラスミン剤「イプシロン」として販売されました。 それから数年後、ε-アミノカプロン酸よりも抗プラスミン作用が10倍強い物質、トラネキサム酸の開発に成功。現在でも「トランサミン」として販売されています。

偶然の発見から研究がすすんだ

医療用としては、トラネキサム酸製剤「トランサミン」という名称で、1965年に発売されました。それ以来、半世紀近い実績を重ねながら安全性の高い物質として使用されています。

その中で、肝斑に対して効果があることが認知されるようになりました。そのきっかけは、偶然肝斑のある患者が別の病気でトラネキサム酸を内服していて、肝斑が改善したという観察報告からはじまったと言います。 これによってその美白効果が広く認知されるようになり、肝斑の治療薬として使われるようになりました。

美白成分として厚生労働省に認められている

日本では、2002年に美白効果について厚生労働省の認可を受けました。そのため、美容領域でも肝斑の治療などに積極的に活用されるようになりました。こうして、肝斑に対するトラネキサム酸の効果が認知され、皮膚科で処方されるように。

その後、さらなる研究が重ねられ、現在の美容領域では、肝斑に対する水光注射をはじめ、市販薬として飲み薬や化粧品など、あらゆるものに使用され販売されています。

トラネキサム酸の注射を受けられない人

  • トロンビン(別の止血剤)を投与している人(併用により血栓の恐れがあります)
  • 過去に過敏症の既往がある人

併用に注意が必要な薬剤

  • トラネキサム酸には止血作用がありますが、摂りすぎてしまうと血栓ができてしまうおそれがあります。
    総合感冒薬や口内炎の薬、肝斑改善薬など、トラネキサム酸が含まれている薬を服用しているときに、水光注射を受ける際には注意が必要です。 トラネキサム酸が含まれていない薬を選ぶか、医師に相談して服用しても問題ないか確認すると良いでしょう。

トラネキサム酸配合の水光注射を受けるのに、注意が必要な人

  • 心筋梗塞や脳血栓、血栓性静脈炎など血栓の病気がある人、あるいは血栓症が起こる危険性のある人
  • 手術後寝たままの人、圧迫止血中の人(静脈血栓を起こす危険性があるため)
  • 腎不全のある人(血中濃度が高まるおそれがあるため)

併用に注意が必要な薬剤があるため、持病がある場合や内服している薬がある人は事前に伝えておく必要があります。

トラネキサム酸の成分

1管(10ml)中、トラネキサム酸:1.000mg、添加物としてpH調節剤:どれくらい配合されているかは不明です。

トラネキサム酸のデメリットとは?

  • 肝斑などの美容目的で使用される処方では、保険は適用されない。
  • 効果が出るまで個人差があり、数週間かかる。
  • トラネキサム酸配合の飲み薬は、含有量が少なく他の成分を添加している。
  • 肝斑でない場合、トラネキサム酸の効果が出にくいことがある。

気になる副作用は?

  • 食欲不振 吐き気、下痢、嘔吐
  • 眠気、頭痛
  • 発疹、かゆみ
  • 一過性の色覚異常

このほか、トラネキサム酸には、止血効果があるため血液が固まるのを促進することがあるので、血栓症など血液の凝固に関する血管の病気がある人は注意が必要です。また、人工心肺を使った心臓大血管手術後及び人工透析患者において、けいれんが現れることがあると言われています。

化粧品としてトラネキサム酸を取り込む場合、リスクはより軽減

化粧品としてトラネキサム酸を使用する場合には、肌から取り込むため吸収が緩やかになり、そのリスクはかなり軽減され安全性が高くなります。飲み薬として服用する場合は、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。副作用が少ない成分ではあるものの、使用には十分に注意することが大切です。

表参道スキンクリニック 兵籐先生の顔写真
表参道スキンクリニック
兵藤秀忠医師

医療情報監修:表参道スキンクリニック
兵藤秀忠医師

藤田保健衛生大学医学部医学科を卒業後、大学病院にて腕を磨いた兵藤秀忠先生。

2014年に表参道クリニックの医師となってからは「一人ひとりに合った治療の提案すること」をモットーに、一人ひとりの理想を叶え続けています。

「外見が変わることによって、内面も輝いて欲しい」という熱い思いを持って対応。モデルや芸能人をはじめ、世の中の女性が兵藤医師の腕を信頼し頼りつづけているようです。

公式サイトで表参道スキンクリニックの治療内容をチェックする

>>公式インスタグラムで
動画もご覧いただけます

表参道クリニックの各院へのお問合せ

本院:0120-334-270 名古屋院:052-962-5155 大阪院:06-6341-5037 福岡院:0120-931-911 沖縄院:098-860-9980

表参道スキンクリニックの水光注射

持ちが良くなるようにペースを調整

注射回数が増えるにつれてだんだん持ちが良くなるように、初回の注射ベースを作ります。初めは、2週間おきに注入。その後は3ヶ月または半年おきに注入します。期間を開けながら注入をし続けることで、自己のヒアルロン酸やコラーゲン繊維が作られるようになり、肌本来がふっくらとした仕上がりになるのです。

プライバシーを守る完全個室

水光注射をはじめとする注射等の治療では、すべて完全個室で対応。女性のプライバシーをしっかり配慮してくれるので、リラックスして施術を受けられるでしょう。

アフターケア

施術前のカウンセリングはもちろん、アフターケアも念入りに行います。人間の肌はちょっとした刺激や変化にも敏感に反応するからこそ、アフターケアを行ない事前にトラブルを防いでくれるのです。医師の診察もあるので、気になることも全て聞くことができますよ。

水光注射の施術について

治療時間

約60分(麻酔クリームを塗る時間30分、施術30分)

費用

顔に打つ場合は20,000円~80,000円、首は18,000円~60,000円、手の甲は20,000円~30,000円が、平均費用と言われています。注入する美容成分やショット数によって料金が異なるため、料金相場には幅があるので、詳細についてはクリニックにお問合せ下さい。

麻酔の形態

クリーム麻酔を使用。施術部位だけでなく、顔全体に塗布したのち、効果が出るまで約30分おきます。麻酔が効いてきたら、施術開始です。麻酔クリームは3,000円かかります。

痛み

麻酔が効いてから注射を行ないます。個人差はありますが、麻酔が効いている状態なのでほとんど痛みはありません。

ダウンタイム

水光注射の場合、ダウンタイムはほとんどありません。ただ、人によっては赤みや腫れが出る場合があるので、医師に相談しましょう。

メイク

肌に異常が無い限り、翌日以降からメイク可能です。

通院の頻度

2週間おきに2回または3回。その後、3ヶ月~半年おきに注射します。

副作用・リスク

個人差がありますが、注入する成分によってはアレルギーなどの恐れや、稀に顔が腫れたり、内出血をする場合がありますので、不安な点については医師と相談することが大切です。

公式サイトで表参道スキンクリニックの治療内容をチェックする