「水光注射」 » 水光注射で受けられる美容成分の効果を徹底調査 » 抗酸化・ニキビへの有効性について ×ビタミン

抗酸化・ニキビへの有効性について ×ビタミン

ニキビなどの肌トラブルの改善に効果があるとされている「ビタミン(アスコルビン酸)」の働きについて解説します。

水光注射「ヒアルロン酸×ビタミン」に期待できる効果とは?

美肌・ニキビ・抗酸化・肌代謝(ターンオーバー)の正常化

ビタミンCは、抗酸化作用に優れていて、ニキビをできにくくしたり、新陳代謝を高めくすみを改善。他にも、メラニンの生成を抑制し、シミを予防するなど高い美肌作用のある成分です。

この美肌作用の優れているビタミンと保水性の高いヒアルロン酸。これらの作用の異なる成分を水光注射によって、肌に届けることにより、シミ・くすみの改善&保湿の相乗効果で、美肌へと導きます。

こんなお悩みがある方に
  • シミや肝斑が気になる方
  • お肌のハリや潤いが気になる方
  • くすみなどを改善したい方

ビタミンの働きについて

レモン

ビタミンにはいろいろな種類がありますが、それぞれの働きについて解説します。

ビタミンCの働きとは?

抗酸化作用・抗炎症作用、皮脂抑制作用でニキビを改善

他にも、既にできているシミに対して、メラニン色素の還元作用とメラニン生成抑制作用でシミを薄くする働きや、活性酸素を除去、新陳代謝を促し、肌の透明感を高めてくれます。また、体内でビタミン E と作用しあい、活性酸素を除去、細胞を保護する役割もあります。

そもそもこのビタミンCは、細胞の基本物質となるコラーゲン生成に不可欠な存在で、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあります。さらに、ストレスの抵抗力を高め、鉄などのミネラルの吸収を助けることもわかっています。また、高い抗酸化作用によって動脈硬化や心疾患など、重い病気を予防するためにも一役かっています。

ビタミンB群の働きとは?

ビタミンB群は、肌の代謝を正常化する作用や肌荒れ・ニキビの予防に働きかけます。中でも、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるといわれています。
※以下は水光注射だけでなく、経口摂取した場合の働きも含みます。

ビタミンB1 エネルギーの産生や皮膚と粘膜の健康を保つ
ビタミンB2 皮膚や粘膜の健康維持や体の代謝を助ける
ビタミンB6 皮膚炎を予防するなど皮膚や粘膜を丈夫に保つ。また、エネルギーの産生や筋肉や血液を生成する
ビタミンB12 赤血球の中のヘモグロビンの生成を促し、貧血などの予防

このように、ビタミンBはそれぞれで少し異なる作用を持っています。それらが複合的に働くことでさらに高い健康効果が期待でき、肌の健康維持にも役立ちます。

ビタミンC(アスコルビン酸)とは?

ビタミンCとは、食品に含まれている水溶性の栄養素で、アスコルビン酸としても知られています。有機化合物のひとつであり、体内でビタミンCとして働く性質があります。皮膚や細胞のコラーゲンの生成には欠かせない必須の化合物。ビタミンCが不足すると、コラーゲンの合成ができないので、血管がもろくなり、出血しやすくなります。

ヒトは体内でビタミンCを生成できない

ウシやウマ、ブタなどはもともと体内でビタミンCと類似の物質を合成します。しかしヒトは、体内でビタミンC(アスコルビン酸)を生成、貯蔵することはできないため、常に外部から摂取し続ける必要があります。

柑橘系のフルーツや野菜などから摂取可能

ビタミンCはいろいろな食品の中にも含まれていて、私たちも普段の生活から日常的に摂取することができます。ビタミンCは、水溶性ビタミンなので、万一摂りすぎたとしても体外に排出されます。ただ、欠乏すると壊血病などの病気を引き起こすことがあるので、こまめに摂取することが大切な栄養素です。

ビタミンのはじまり

1919年、J.C.Drummondが壊血病予防因子をWater-soluble Cと名付け、後にこれがビタミンCと呼ばれようになります。また、1928年にウシの副腎から、強力な還元作用を持つ物質が見つかり、ヘキスロン酸と命名されましたが、1932年になるとC.G.Kingによって、レモン果汁から単離された物質とヘキスロン酸は同じであり、抗壊血病に作用すると発表されました。時代を経て様々な研究の結果、ビタミンCとして確認されたとされています。

研究のはじまりは…?

ビタミンC不足から起こる壊血病の治療の研究からスタート。ビタミンC欠乏症である壊血病は、倦怠感や疲労感をはじめ、関節の痛みや体のあちこちからの出血が起こる病気です。特に有名な話として、18世紀終わりごろまでの長期航海に出る船員の多くが、ビタミンCの欠乏症により壊血病にかかり、死亡するものもいたといわれています。これは、船の上で長期間ビタミンCを摂取する機会が、皆無だったことが原因といわれます。

近年では、このような食品不足は解消され、ビタミンC欠乏症はほとんど見られなくなりましたが、時に偏った食事を続けている人たちの中に発症が見られることがあるようです。現在では、日常生活で摂取するべき必要量なども明確に設定され、より健康を維持するために重要な栄養素として積極的に摂取することが推奨されています。

ビタミンC(アスコルビン酸)の効果・効能

※以下は、経口摂取での効果となり、水光注射での効果ではありません。

  • ビタミンC欠乏症(壊血病、メルレル・バロー病)の予防や治療
  • 消耗性疾患や妊産婦、授乳中、激しい運動や肉体労働時などビタミンCをたくさん摂取しなければいけない場合の補給
  • ビタミンC欠乏や代謝障害によって起こった疾患の治療(毛細管出血、薬物中毒、副腎皮質機能障害、骨折時の治癒促進、肝斑・雀卵斑・炎症後の色素沈着、光過敏性皮膚炎)

アスコルビン酸を経口摂取すると、骨や歯の発達を促し、抵抗力を高め、自然治癒力を高めることがわかっています。また、コラーゲンの生成を促進し、毛細血管を強くする作用や血液が固まるのを助けて出血傾向を改善する作用、副腎皮質の機能を高めて抗ストレス作用を高めることや、メラニン色素の生成を抑制することなどがあげられています。

さらに、外用薬や化粧品としても活用され、皮膚から取り込むとコラーゲンの生成や肌の酸化や炎症を抑えるなど、アンチエイジングやニキビ対策などに高い効果が期待できるといわれています。

アスコルビン酸を使用した水光注射を受けられない人

ベースとなるヒアルロン酸アレルギーや、妊娠・授乳中の方、糖尿病、ケロイド体質の方など、お体の状態や持病によっては施術が受けられないので、施術を希望される方は、医師への相談をおすすめします。

気になる副作用は?

副作用については、これまで使用成績調査などの明確な調査は実施されていません。

ただ、経口摂取した際の消化器系の副作用に、悪心・嘔吐、下痢などがあげられています。また、大量摂取した場合には、ビタミンB12と銅濃度の低下、アスコルビン酸の代謝や排泄のスピードが増すこと、酸による歯のエナメル質の脱灰や浸食、アレルギー反応があげられます。

しかし、これらは測定のための実験的結果に基づいたものであり、一般的使用では認められていません。とはいえ、摂取量の許容上限量が定められているので、医師の監督下において必要量の摂取をすることが大切です。

表参道スキンクリニック 兵籐先生の顔写真
表参道スキンクリニック
兵藤秀忠医師

医療情報監修:表参道スキンクリニック
兵藤秀忠医師

藤田保健衛生大学医学部医学科を卒業後、大学病院にて腕を磨いた兵藤秀忠先生。

2014年に表参道クリニックの医師となってからは「一人ひとりに合った治療の提案すること」をモットーに、一人ひとりの理想を叶え続けています。

「外見が変わることによって、内面も輝いて欲しい」という熱い思いを持って対応。モデルや芸能人をはじめ、世の中の女性が兵藤医師の腕を信頼し頼りつづけているようです。

公式サイトで表参道スキンクリニックの治療内容をチェックする

>>公式インスタグラムで
動画もご覧いただけます

表参道クリニックの各院へのお問合せ

本院:0120-334-270 名古屋院:052-962-5155 大阪院:06-6341-5037 福岡院:0120-931-911 沖縄院:098-860-9980

表参道スキンクリニックの水光注射

持ちが良くなるようにペースを調整

注射回数が増えるにつれてだんだん持ちが良くなるように、初回の注射ベースを作ります。初めは、2週間おきに注入。その後は3ヶ月または半年おきに注入します。期間を開けながら注入をし続けることで、自己のヒアルロン酸やコラーゲン繊維が作られるようになり、肌本来がふっくらとした仕上がりになるのです。

プライバシーを守る完全個室

水光注射をはじめとする注射等の治療では、すべて完全個室で対応。女性のプライバシーをしっかり配慮してくれるので、リラックスして施術を受けられるでしょう。

アフターケア

施術前のカウンセリングはもちろん、アフターケアも念入りに行います。人間の肌はちょっとした刺激や変化にも敏感に反応するからこそ、アフターケアを行ない事前にトラブルを防いでくれるのです。医師の診察もあるので、気になることも全て聞くことができますよ。

水光注射の施術について

治療時間

約60分(麻酔クリームを塗る時間30分、施術30分)

費用

顔に打つ場合は20,000円~80,000円、首は18,000円~60,000円、手の甲は20,000円~30,000円が、平均費用と言われています。注入する美容成分やショット数によって料金が異なるため、料金相場には幅があるので、詳細についてはクリニックにお問合せ下さい。

麻酔の形態

クリーム麻酔を使用。施術部位だけでなく、顔全体に塗布したのち、効果が出るまで約30分おきます。麻酔が効いてきたら、施術開始です。麻酔クリームは3,000円かかります。

痛み

麻酔が効いてから注射を行ないます。個人差はありますが、麻酔が効いている状態なのでほとんど痛みはありません。

ダウンタイム

水光注射の場合、ダウンタイムはほとんどありません。ただ、人によっては赤みや腫れが出る場合があるので、医師に相談しましょう。

メイク

肌に異常が無い限り、翌日以降からメイク可能です。

通院の頻度

2週間おきに2回または3回。その後、3ヶ月~半年おきに注射します。

副作用・リスク

個人差がありますが、注入する成分によってはアレルギーなどの恐れや、稀に顔が腫れたり、内出血をする場合がありますので、不安な点については医師と相談することが大切です。

公式サイトで表参道スキンクリニックの治療内容をチェックする