たるみを無くす方法

年を重ねることで自然と顔にたるみが出るものですが、加齢以外にも、姿勢の悪さや表情筋をはじめとした顔にある筋肉の衰えなどが原因で、若い方でもたるみが発生してしまうケースが増えてきています。ここでは、顔のたるみの原因と改善方法を紹介します。まずは、原因をきちんと理解してから、ケアをはじめましょう。

顔がたるむ原因と改善方法

顔がたるむ原因とは?

1.肌の弾力の低下

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織という3つの層から作られており、その下に脂肪組織や筋肉があります。

真皮を支えている繊維細胞のコラーゲンやエラスチン、細胞間でクッションの役割をしているヒアルロン酸といった成分が紫外線や乾燥、加齢や睡眠不足でダメージをうけたり、減ってしまうことで、肌の弾力やハリが失われてたるみが生じてしまいます。皮膚が下へ下へとさがっていくと、ほうれい線がくっきり目立ちはじめ、いわゆる「ブルドッグ顔」に…。

このほうれい線が目立つと、シワや影になり見た目年齢をぐっと引き上げてしまうので、そうなる前に早い段階でのケアが大切です。

2.顔の筋肉の衰え

人間の顔には、「表情筋」と「深層筋」という2種類の筋肉があります。

表情筋は、皮膚のすぐ下の部分にあり、これが衰えると脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。

骨と繋がっている深層筋が衰えると、その上にある表情筋を支えられなくなるだけでなく、肌に十分な栄養が届かなくなったりするので、たるみの原因となります。

3.悪い姿勢

顔のたるみに影響するものとして、猫背などの悪い姿勢があげられます。筋肉は頭や首と繋がっているので、長時間悪い姿勢を続けていると、顔の筋肉が引っ張られてしまいます。

例えば、猫背だと背中が丸くなり、肩よりも前に顔が出ている、あごが突き出したような姿勢になっていることが多いです。この状態だと、通常の姿勢よりも首の後ろにある筋肉が収縮。縮んだぶん、今度は頭の後ろにある筋肉や、顔全体が下に引っ張られるので皮膚が伸びてしまいます。

他にも、頬杖をつくと片方の頬に力がかかって顔のたるみにつながると言われています。頬杖をついているほうだけたるむと、左右で顔のバランスが違うという状態になってしまう可能性もありますので、頬杖をつく癖のある方は気をつけましょう。

顔のたるみの改善方法とは?

顔のたるみ対策には、さまざまな方法があります。まずは、顔がたるむ原因を作らないようにすることが大前提ですが、普段からマッサージやエクササイズ、ストレッチを積極的に行うこともおすすめです。

マッサージで血行を良くする

マッサージといっても、手や美顔器・美顔ローラーを使ったマッサージに効果は期待できません。むしろ、強い力でマッサージを行うと肌の組織にダメージを与えてしまい、たるみの悪化、色素沈着といった肌トラブルを招いてしまう可能性があります。

ただし、全てのマッサージに効果が見込めないというわけではありません。血行やリンパの流れを良くするマッサージには、たるみ解消効果があると言われています。

血行やリンパの流れが良くなると、新陳代謝を促し、たるみの原因の1つであるむくみ解消効果も得られるでしょう。

意識して日頃から姿勢を正す&ストレッチを行う

また、頬のたるみは姿勢の悪さが原因の1つにもなっているので、悪い姿勢を直すことが大切です。猫背は座りながらでもできる簡単なストレッチをすることで解消できるでしょう。

肩甲骨を動かすことで、自然と胸を張るようになります。他にも、眠る前にエビのように背中を反らして、その状態をキープするのも解消効果が期待できるので、おすすめですよ。

セルフケア以外で、顔のたるみを引き締める方法

今回紹介したように、セルフケアでたるみ解消の効果も期待できますが、根本的な解決にはなりません。目立つたるみを手軽に早く解消したいのであれば、美容皮膚科やクリニックで治療するという選択肢もあります。

美容皮膚科には、顔のたるみを引き締める治療やお肌にハリを持たせるものがたくさんあります。

  • ヒアルロン酸や美容成分を直接注入する「水光注射」
  • 筋肉の働きを麻痺させることでしわやたるみをできにくくする「ボツリヌス・トキシン注射」
  • 顔全体に光を照射して、細胞を活性化させる「フォトフェイシャル」
  • 高周波エネルギーをあて、皮下組織のコラーゲン生成を促進する「サーマクール」

なかでも、今話題の「水光注射」について詳しく紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

水光注射について詳しく

目の下のたるみの原因と対策方法

目の下のたるみがあるのとないのとでは、見た目年齢も印象も変わります。顔の中心にあるので、どうしても目立ちやすいのが厄介なところ。ここでは、目の下のたるみの原因と改善方法を紹介します。

目の下がたるむ原因とは?

1.皮膚のたるみ

目の下のたるみには顔のたるみと同じように、加齢や紫外線で肌がダメージを受けることで、よりたるみを増していきます。

2.筋肉が衰え、眼窩脂肪が出ることが要因

また、眼球を支える筋肉が衰えることで、目の下の脂肪が前に押し出されてたるみ(目袋)が目立つようになります。眼窩脂肪が増えて目の下が盛り上がってしまうと、今度は「クマ」のような影ができてしまいます。これが、より一層疲れ顔や老けた印象を与えます。

加齢により、この筋肉は衰えるのですが、それを加速させる要因に「目を酷使する悪習慣」があります。

例えば、パソコンやスマートフォンなどの機械を長時間使っていると、いつの間にか目を酷使している可能性があります。目を酷使しているのであれば、適度に休憩したり、遠くを見たり、まぶたを温めたりして、疲れ目対策を行って目を大切にしてくださいね。

目の下のたるみの対策方法とは?

目の周囲の乾燥対策を徹底する

顔の中でも目の周囲の皮膚は薄いので、そこが乾燥してしまうと悪影響を及ぼします。目の周りの皮膚が水分不足に陥ると、皮膚の弾力が失われて乾燥し、一時的に皮膚が垂れ下がってしまうのです。この状態が慢性化してしまうと、目の下にたるみが形成されてしまうことがあります。しかも、このタイプのたるみは元に戻りにくいので、しっかりと保湿ケアをしたいところです。

目の体操で目の周りの筋肉を鍛える

  1. 目をギュッととじて5秒キープ
  2. 目を想いっきり大きく開いて5秒キープ

眼輪筋はまぶたを開けたり閉じたりするのに使われる筋肉なので、めいっぱいの力で目をパチパチさせる事で眼輪筋を鍛えることができますよ。

顔全体のハリやたるみで悩んでいる方は、美容クリニックで治療するという選択肢を考えてみるのも1つの解決策になります。美容皮膚科でできる治療について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

顔がたるむ原因には加齢のほか、悪い姿勢、乾燥も原因とされています。 姿勢が悪いと若くても顔のたるみにつながることも指摘されています。

顔のたるみ大きな原因として取り上げられている悪い姿勢。長時間猫背のような姿勢なると、 顔全体が下に引っ張られて皮膚が伸びて、顔の左右のバランスが崩れてたるみの原因になります。 また、顔は身体の皮膚の中でも外の空気に触れることが多い部分。 特に目の周囲は、皮膚が薄く乾燥している季節には水分が失われやすくなり、弾力が低下して皮膚が垂れ下がってしまいます。

顔のたるみに対するセルフケアは、日ごろから姿勢を正しくすることが重要です。 姿勢を正しく保つストレッチには肩甲骨を動かしたり、寝る前に背中をそらしたりすることで、正しい姿勢を保つことが可能となります。

皮膚が薄く乾燥しやすい目の周辺の保湿ケアもしっかり対策をしておきたいポイントです。 セルフケアをしているけれど、目のたるみが気になる人は美容皮膚科で診てもらってはいかがでしょうか。 美容皮膚科の医師はその道の専門家。まずは顔のたるみの悩みを聞いてもらい、 解消のための最適な治療を見つけましょう。

表参道スキンクリニック 兵籐先生の顔写真
表参道スキンクリニック
兵藤秀忠医師

医療情報監修:表参道スキンクリニック
兵藤秀忠医師

藤田保健衛生大学医学部医学科を卒業後、大学病院にて腕を磨いた兵藤秀忠先生。

2014年に表参道クリニックの医師となってからは「一人ひとりに合った治療の提案すること」をモットーに、一人ひとりの理想を叶え続けています。

「外見が変わることによって、内面も輝いて欲しい」という熱い思いを持って対応。モデルや芸能人をはじめ、世の中の女性が兵藤医師の腕を信頼し頼りつづけているようです。

公式サイトで表参道スキンクリニックの治療内容をチェックする

>>公式インスタグラムで
動画もご覧いただけます

表参道クリニックの各院へのお問合せ

本院:0120-334-270 名古屋院:052-962-5155 大阪院:06-6341-5037 福岡院:0120-931-911 沖縄院:098-860-9980

表参道スキンクリニックの水光注射

持ちが良くなるようにペースを調整

注射回数が増えるにつれてだんだん持ちが良くなるように、初回の注射ベースを作ります。初めは、2週間おきに注入。その後は3ヶ月または半年おきに注入します。期間を開けながら注入をし続けることで、自己のヒアルロン酸やコラーゲン繊維が作られるようになり、肌本来がふっくらとした仕上がりになるのです。

プライバシーを守る完全個室

水光注射をはじめとする注射等の治療では、すべて完全個室で対応。女性のプライバシーをしっかり配慮してくれるので、リラックスして施術を受けられるでしょう。

アフターケア

施術前のカウンセリングはもちろん、アフターケアも念入りに行います。人間の肌はちょっとした刺激や変化にも敏感に反応するからこそ、アフターケアを行ない事前にトラブルを防いでくれるのです。医師の診察もあるので、気になることも全て聞くことができますよ。

水光注射の施術について

治療時間

約60分(麻酔クリームを塗る時間30分、施術30分)

費用

顔に打つ場合は20,000円~80,000円、首は18,000円~60,000円、手の甲は20,000円~30,000円が、平均費用と言われています。注入する美容成分やショット数によって料金が異なるため、料金相場には幅があるので、詳細についてはクリニックにお問合せ下さい。

麻酔の形態

クリーム麻酔を使用。施術部位だけでなく、顔全体に塗布したのち、効果が出るまで約30分おきます。麻酔が効いてきたら、施術開始です。麻酔クリームは3,000円かかります。

痛み

麻酔が効いてから注射を行ないます。個人差はありますが、麻酔が効いている状態なのでほとんど痛みはありません。

ダウンタイム

水光注射の場合、ダウンタイムはほとんどありません。ただ、人によっては赤みや腫れが出る場合があるので、医師に相談しましょう。

メイク

肌に異常が無い限り、翌日以降からメイク可能です。

通院の頻度

2週間おきに2回または3回。その後、3ヶ月~半年おきに注射します。

副作用・リスク

個人差がありますが、注入する成分によってはアレルギーなどの恐れや、稀に顔が腫れたり、内出血をする場合がありますので、不安な点については医師と相談することが大切です。

公式サイトで表参道スキンクリニックの治療内容をチェックする